団体概要

NPO DISCOVER RIAS

2019年・令和1年11月1日、NPOディスカバー・リアスは誕生しました。

それまで私たちは様々な団体や個人として、富士山の周辺や福島県などで、トレイルランニングレースやトレイルウォーキングイベントに関わり、日本の豊かな自然環境の中での新しいアウトドアアクティビティの普及に微力を注いできました。

そんな中で長年構想を練ってきた大会が「ステージレース三陸311」です。

これは、東日本大震災で甚大な被害を受けた三陸地方を、リアス式海岸に沿って北から南へ311km走るランニングレースです。しかし一般的なレースのようにずっと走り続けるのではなく、選手とスタッフ全員が同じ場所に泊まりながら移動する、5泊6日の旅なのです。

私たちは、このステージレースを行うことを第一の目的としています。しかし単にイベントを開くためだけの団体ではありません。三陸地方の素晴らしい風景、そしてそこに暮らす方々と触れ合い、その魅力を発見して伝えていくこと、それが私たちの目指し続けることです。その思いを込めて「ディスカバー・リアス」という名前を付けました。

活動の現状

当初の計画では、2020年夏に「ステージレース三陸311」のプレ大会を行い、2021年、東日本大震災から10年目の年に本大会を開催する予定でした。しかし新型コロナウイルス感染拡大の影響を配慮し、残念ながら今年のプレ大会は中止しました。
現時点では先の見通しをはっきりと立てることはできませんが、来年は何らかの形で本大会「第1回」を実施したいと考えています。そしてその準備を進める過程で、SNSや動画配信を通じて、三陸の魅力を発信していく予定です。

お願い

実は、このコロナウイルス問題の中で、このプロジェクトにかける私たちの思いは一層強くなりました。大震災から10年たち、新しいステージを歩んでいる三陸で開くイベントであるからこそ、これからの日本を、そして世界を元気にしていくために少しでも役に立てるものになるのではないか、と感じているのです。

まだ立ち上がったばかりのNPOですが、皆さまのご理解とご支援を少しでもいただければ幸いです。私たちの活動に協力していただく「でぃすかば部」(NPO賛助会員)の募集も始めました。

皆さんも、一緒に新しい旅をつくり、新しい三陸の楽しみ方を発見していきませんか?

特定非営利活動法人
ディスカバー・リアス
代表理事 中尾益巳

元 NHK ディレクター・プロデューサー
   世界最大のトレイルランニングレース、ウルトラトレイル・デュ・モンブラン(UTMB)を追ったドキュメンタリー番組「激走モンブラン!」(2009年)制作をきっかけにトレイルランニング大会の企画運営に携わる。ウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)実行委員。

東日本大震災直後に現地でのボランティア活動に参加し、三陸海岸を走るステージレースを発想した。

ご支援のお願い

ステージレース三陸311の実現には、コース整備や大会運営に資金が必要です。

そのためNPO法人ディスカバー・リアスでは賛助会員への入会と、寄付金の募集をおこなっております。

大会を実現するため、みなさまのお力をお貸しください。

団体概要

名称: 特定非営利活動法人ディスカバー・リアス

法人番号 : 80 0109-05-003849

設立日: 令和元年11月1日

メンバー

nakao3-2.jpg

中尾 益巳

代表理事

元 NHK ディレクター・プロデューサー。
世界最大のトレイルランニングレース、ウルトラトレイル・デュ・モンブラン(UTMB)に密着したドキュメンタリー番組「激走モンブラン!」(2009年)制作をきっかけにトレイルランニング大会の企画運営に携わる。ウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)実行委員。

shinsuke-scaled.jpg

佐藤 慎介

副代表理事

外資系金融機関で25年超の経験を有する市民トレイルランナー。
Oxfam Trailwalker (小田原-山中湖 100km)を全7回完走し、ボランティア・大会運営にも興味を持ち本NPOに参画。
UTMB、Grand Raid Réunion完走。(代表中尾が制作した「激走モンブラン!」に触発されてUTMBに挑戦)

nakada2.jpg

仲田 信平

副代表理事

弁護士(1997年 第二東京弁護士会登録。西村あさひ法律事務所所属)

10年ほど前にOxfamトレイルウォーカー参加をきっかけに、トレランや山登りを始める。毎年夏に、友人や子供とアルプスや八ヶ岳へ山行を楽しんでいる。

miwa-1.jpg

辻 三和

理事

香港在住歴15年。
ログズ株式会社勤務 Product Management Dept.部長。1994年からステージレース・ウルトラランニング・トレイルウォーキングなど、各種ウルトラ系の大会運営に携わる。運営実績:トランスアメリカフットレース(4700㎞)、トレイルウォーカー香港(100㎞)・ジャパン(100㎞)・東北(50㎞/100㎞)

nishikawa.jpg

西川 雅明

監事

元NHK学園・学校事務センター長/現法政大学大学院生(MBAコース)。
ウルトラ、トレイルを走るランナーであると同時に、障害をもつウルトラランナーのサポート活動に力を入れている。ウルトラ・チャレンジャーズ・ネットワーク(UCN)を主宰。社会福祉士。
ハセツネアドベンチャーグリーン。第1回UTMF 46位(29時間27分)

abe.jpg

阿部 正幸

東北支部 支部長

NPO東北開墾理事・ITコンサルタント

復興ボランティア参加をきっかけに、2012年より岩手に在住。日本初の食べ物付き情報誌サービス「食べる通信」など、東北を拠点にサービス開発に従事してきた。現在は大船渡市の漁村、綾里(りょうり)地区に居住。