三陸をともに走る たびに出よう

logo_white.png

フルマラソンに飽き足らず、

もっと長く、もっと楽しく走りたい。

そして自分の限界に挑戦したい。

そんなランナーたちが、待ち望んでいた大会

「ステージレース」

震災後10年を迎える三陸で、311kmの距離を走破する

日本最大級のステージレースを実現したい。

そんな思いをもつ人々が集い、レースの準備や

三陸の振興に取り組む団体が、

私たちNPOディスカバー・リアスです。

復興から次のステップに踏み出している地元の皆さんと一緒に、

新しい三陸を盛り上げ、その魅力を国内・海外に

向けてひろく発信して行く。

そんな活動にあなたも参加しませんか?

ステージレース三陸311とは?

総距離311キロ。6日間をかけて岩手から宮城へ走り抜ける大会、”ステージレース三陸311″を私達は企画し、準備をすすめています。構想の概要と、現在の準備状況をご紹介します。

NPOディスカバー・リアスについて

ディスカバー・リアスは三陸での本格的ステージレース開催をめざし2019年に設立されたNPO法人です。大会実現までの道のりは簡単ではありませんが、ひるまずに挑戦を続けます。

趣旨にご賛同いただける方のご参加、ご支援をお待ちしています。

三陸でぃすかば部

「日本最大級のステージレースを三陸で」という構想実現を目指しながら、ランニングと三陸の魅力を満喫する、NPO内の会員活動です。

2020年8月、参加者の募集を開始しました。

ともにステージレース実現を目指しましょう。

news